ミシシッピニオイガメの飼育方法 | 寿命、大きさ、価格はどれくらい?

ミシシッピニオイガメ ミズガメ

水棲亀の入門種としておなじみとなったミシシッピニオイガメ。
世界最小のカメで大きくならず日本の住宅事情に最適であり60cm水槽であれば十分に終生飼育が可能と言われています。

ここではミシシッピニオイガメの詳細や飼育方法などについて紹介していきたいと思います。
因みに管理人も大好きな種類のカメで現在飼育しております。

ミシシッピニオイガメとは

ミシシッピニオイガメとは別名:スティンクポットマスクタートルとも呼ばれています。
ハッチして間もない頃は1円玉サイズで、最大でも13cmほどにしかならず世界最小のカメとして人気種となっています。

自然界では夜行性で昼間は泥に潜ったり岩陰に隠れている事が多いため、飼育下では紫外線のライトの設置は不要と言われています。
また、あまり陸に上がることもないため陸地の設置も不要で、非常にシンプルな環境で飼育することが可能なのでミシシッピアカミミガメに変り今や水棲亀の入門種とも言われています。

ミシシッピニオイガメの基本情報

学名:Sternotherus odoratus
生息地:アメリカ合衆国中央部から東部、カナダ
大きさ:13cm程度(オスよりメスのほうが大きくなる)
寿命:約30年
販売価格:3000円程度~(価格はサイズや時期、色などにより価格差があります)

ミシシッピニオイガメの飼育方法

ミシシッピニオイガメは小型のため60cm水槽でも十分飼育が可能となっています。

泳ぎは上手いですがアカミミガメのように水面に浮かびながら呼吸をするような事はせず、地面を這うようにして行動します。
水深は深くても大丈夫ですが、必ず首を伸ばした状態で息ができるような浅場か足場を作ってあげる必要があります。

呼吸を行う足場がないと、呼吸のために水面まで泳いでまた戻る動作を何度も行うため体力を消耗してしまい、冬眠明けや体力の弱ってしまった個体は最悪の場合力尽きてしまうこともありますので注意が必要です。
かと言って、水深を浅くしすぎて常に甲羅が水面から出た状態で飼育を続けていると、甲羅の成長に異常をきたしますので必ず甲羅すべてが水に浸かる水深である必要があります。

バスキングを殆ど行わない為、他の亀のように陸地を設置し紫外線やバスキング用のライトを設置する必要はないという紹介をしているサイトや書籍が多くあります。

管理人の経験上、広いスペースで飼育しバスキングライトを設置していると上陸し甲羅干しを行う個体も居ます。
また水質が非常に悪かったり体調が悪い時に上陸し、じっとしているところを目撃したことがあります。
飼育し初めの頃は勝手に陸は必要ないと決めつけず、とりあえず設置しておき不要と感じた場合は撤去するようにしたほうが良いかもしれません。

この画像のように熱帯魚と一緒に飼育することも可能です。(弱っていたり動きが鈍い魚は食べられてしまう可能性があります。)

熱帯魚水槽

ミシシッピニオイガメにフィルターの設置は必要?

ろ過フィルターですが設置するかしないかは飼育環境や個体数によって変わってきます。
基本的に亀は非常に水を汚しますので小さな水槽でろ過を行った所で生物濾過が間に合わず水は透明に見えても小便水で飼育しているのと同じ状態となります。
そのため、少ない水量で飼育している場合はほぼ毎日水換えを行わなければ不衛生かつ悪臭を放ちます。

大きな水槽で過剰ろ過を行えば、ミシシッピニオイガメ程度の亀であれば1ヶ月位は水換えの必要は無いかと思います。
また油膜の発生も防ぐことが出来るため設置するメリットはあると思います。

ミシシッピニオイガメにヒーターは必要?

ミシシッピニオイガメを1年中みて楽しむのであればヒーターは入れたほうがいいです。
特にまだ小さいベビーサイズであれば水温が低下して動きが鈍くなったら必ず入れるようにしてください。
まだ体力のない子ガメは無加温飼育すると最悪永眠してしまいます。
アダルトサイズであれば、今後どうしたいのかによります。
繁殖させるのが目的なのであれば冬眠させるなり、室内でクーリング(低温刺激)を行ったほうが交尾を行う確率が上がります。
ただ、ミシシッピニオイガメがシャカシャカ動いているのを楽しめなくなります。

ミシシッピニオイガメの飼育1年目であれば無難にヒーターを導入して加温飼育することをおすすめします。

ミシシッピニオイガメの餌

ミシシッピニオイガメの餌は市販の亀の餌だけでも十分に飼育が可能です。
人工飼料を食べない場合は赤虫や生レバーなどをあたえてみてください。
どうしても亀の餌などに餌付かない場合は、私はプレコの餌などニオイが強いものを使っています。

ミシシッピニオイガメに限らず亀を飼育していると亀が餌を食べないようになる時があります。
亀が餌を食べなくなる理由は様々ですが、いくつか紹介しておきます。

  • 環境が変わった
  • 温度が低い
  • 体調が悪い・病気
  • 産卵前

これらが原因で餌を食べなくなることがあります。
よくあるのが大きくなったからと飼育している環境を変えた途端餌をたべなくなります。
この場合は昔の環境に戻したり、環境になれるとたべるようになったりします。

また寒くなると活動が鈍くなりますのでヒーターを入れて水温を上げてやると食べるようになります。

体調が悪かったり、なにかの病気にかかっている時も餌を食べなくなりますので心配になります。
少しでも様子がおかしい場合は動物病院で見てもらいましょう。
ただし、亀を見てくれる病院は昔よりかは増えましたが今も多くはありません。
多少のことは自分で対処できるくらいの知識を持つようにしてください。

産卵前になると餌を食べなくなりますが卵を産み終えるとまた食べるようになります。
メスしか居なくても無精卵を産みます。

とにかく亀が餌を食べなくなると不安になると思いますが、亀は意外と我慢強いので多少餌を食べなくても平気です。
しばらく様子をみて全く食べないようなら病院に連れて行くか強制的に食べさせるしかありません。

一度食べるようになるとその後またパクパクと食べるようになったりしますので一度好物の餌などを与えてみてください。

ミシシッピニオイガメ フロリダドワーフの見分け方

世界最小の亀であるミシシッピニオイガメですが、通常のミシシッピミオイガメと比較するとさらに小型で最大でも10cm以下の小型個体群(巷ではフロリダドワーフと呼ばれている)が存在します。
こちらは通常のミシシッピニオイガメと比べるとレア個体となっており価格もすこし高くなります。

ミシシッピニオイガメフロリダドワーフ

見分け方ですがこれと言った確実な見分け方がありません(汗)
とにかく成長してみないとわからない。

マニアの方が言うには甲羅が普通のミシシッピニオイガメよりも黒っぽく、オスの性成熟が早いということです。また成熟しても甲羅のキールが残るそうです。
私の家で飼育しているミシシッピニオイガメもフロリダ産で入荷したものを購入しました。
オスはライターくらいのサイズで、メスは煙草の箱くらいのサイズですが甲羅は黒くなく普通のミシシッピニオイガメのような感じです。
しかし見た目は普通のミシシッピニオイガメのようなので少し怪しいです。
ミシシッピニオイガメ交尾

フロリダドワーフという名前で高額で通常のミシシッピニオイガメを販売しているショップもありますので購入の際は注意が必要です。
確実にフロリダドワーフがほしい!という方は信頼できるショップか、ぶりくらなどでフロリダドワーフを繁殖させているブリーダーの方から直接購入するのが良いと思います。