亀が餌を食べない時の原因や対処方法など

亀が餌を食べる ミズガメ

飼育している亀はある日突然餌を食べなくなってしまう事があります。
今回はそんな亀が餌を食べなくなった原因や対処方法などを紹介していきたいと思います。

11ヶ月ほど前から自分が飼ってる亀が餌を食べなくなってしまいネットの情報を頼りになんとか餌を食べるようになりました。
今度は自分が皆さんに情報を発信していきたいと思いますので、亀が餌を食べないことで悩んでいる飼い主の方の参考になれば幸いです。

亀が餌を食べない原因

亀は意外とデリケートな生き物で、餌を食べなくなることは割とよくあるそうです。
今回私は初めての経験だったので焦りましたが、原因さえ突き止めることができればあとは実行するだけです。

亀が餌を食べなくなる原因は複数あり、代用的なものを上げてみると下記のようになります。

  • 環境が変わった
  • 今与えている餌に飽きた
  • 水温・気温の低下
  • 他の個体から攻撃を受けている
  • 病気
  • 産卵前
  • 紫外線不足

などが考えられます。

環境の変化により餌を食べなくなってしまった時の対処方法

亀は環境が変わると餌を食べなくなります。

亀のサイズが大きくなったりしてくるとより広い飼育環境を用意してあげたくなり新しい水槽やプラ舟などを購入するかと思います。
しかしせっかく用意した広い環境に慣れるまで警戒して餌を食べなくなってしまうのです。

まったくふざけた奴らです(´ェ`#)

もし飼育している亀が飼育環境を変化させたことにより餌を食べなくなってしまった場合、一旦前の環境に戻すのも一つの手だと思います。
それで餌をまた食べ始めるようなら間違いなく環境のせいだと思います。

新しい環境にしたら慣れるまでしばらくそっとしておいてあげましょう。
生まれたばかりの個体出ない限り1~2週間全く餌を食べなくても問題ありません。
環境になれてきた頃に嗜好性の高い大好物の餌などを与えてると食べることがあります。
食べなければもう少し様子をみるか、また前の環境にもどして餌を食べさせてから再挑戦するなど時間をかけて新しい環境になれさせていきましょう。

餌に飽きてしまった時の対処方法

亀は以外にグルメなのです。
いつも同じ餌ばかり食べてたりすると飽きてしまいます。
また大好物の生き餌ばかり与えていると人工飼料をたべなくなったりもします。

種類によってはベビーのときは肉食傾向が強くてもアダルトになると草食傾向が強くなるなど食の変化がみられます。

亀専用に開発されている人工飼料は基本的に人工飼料だけを与え続けていても立派に育つようになってます。
ですが毎日同じ餌ばかりだと飽きて食いが悪くなったりする事がありますのでたまに気分を変えて違う餌を与えてみると爆食する光景が見られるかもしれません。
亀が大好物な食べ物を知っておくともしもの時に役立つかもしれません。

以下が大体の亀が好きな餌になります。

  • レバー
  • ハツ
  • ササミ
  • 川魚
  • ミルワーム
  • エビ

海の魚は理由は忘れましたがあまり与えないほうがいいようです。
また乾燥エビなどは偏食になりやすいと聞いたことがありますが何も食べないようであれば与えてみるといいかもしれません。

人工飼料はカメのエサではスーパーレプトミンという嗜好性の高い餌がありますが、私のおすすめは熱帯魚のプレコ餌であるキャットがおすすめです。
普通の亀の餌よりも匂いが強くスーパーレプトミンよりもさらに嗜好性が高いように思えます。

水温・気温が低下した場合の対処方法

亀を飼育している方は最低限知っておく必要がありますが、亀は変温動物です。
自分で体温を上げることができないため、日光浴などを行って体温を上げる必要があります。

亀が自分で好きなタイミングで体温を上げ下げできるようにバスキングスポットを用意してあげましょう。

多頭飼育により餌を食べない時の対処方法

多頭飼育していると弱い個体が攻撃を受けたり他の個体に怯えて隅っこや陸でじっとしていて動かない事があります。
もしこのような個体が餌を食べていないのであれば精神的苦痛からくる絶食かもしれません。
攻撃を受けているのを確認したらすぐに隔離してあげるようにしましょう。

隔離してもガラス越しに見えていては怯えて餌を食べないかもしれません。見えないように敷居をするなどしてしばらく様子を見てください。

病気により餌を食べなくなった時の対処方法

病気になると人間と同じで食欲がなくなり餌を食べなくなります。
カメの病気は専門的な知識があれば自分で治療することも可能ですが、ほとんどの方はなんの知識も持っていないと思いますし、下手に素人判断による治療で症状が更に悪化することもあるので獣医に行くことをおすすめします。

産卵前で食べない時の対処法

産卵の話になるのでオスはこの可能性はありませんが、メスの場合は急に餌を食べなくなった場合この可能性も視野に入れて考えなけれななりません。
オスと一緒にした事がある場合は抱卵している可能性があるため餌を一時的に食べなくなってしまいます。
これは産卵が終わればまた食べるようになりますので、そのまま様子を見ればいいとおもいます。
産卵しているかどうかはレントゲンを取れば一発でわかりますので気になるようなら獣医さんに見てもらいましょう。
個体によってはお腹が若干膨らんでいたりしますし、飼育者の経験でわかるかと思います。

またいつまで待っても産卵を行わない場合は卵詰まりを起こしている可能性もあり、これは命の危険性があります。

メスの場合でオスと一緒にしたことがありいつもどおりの飼育環境なのにも関わらず、急に餌を食べなくなり産卵しない場合は注意が必要です。

強制給餌での対処法

どうしても亀が餌を食べない場合は最終手段として強制給餌を行うことになります。

亀の口を無理やり開けて餌を流し込むのですが、素人が行うと亀を傷つけてしまうこともあり大変危険です。
強制給餌のやり方は他サイトでも色々と記載されていますがまず口を開けさせなければいけません。
個体によっては噛む力が非常に強く危険を伴いますので十分注意してください。
亀の強制給餌

本来であればチューブを胃袋まで差し込んで胃に直接エサを流し込むのですが、素人には難しく胃袋を傷つけてしまう可能性がありますし、口の中にものを詰めると喉をつまらせる可能性もあります。
最終手段と記載しましたが、一般の方は強制給餌を行わず病院に行くことをおすすめします。

亀が餌を食べないまとめ

いくつか亀が餌を食べない理由とその改善方法をまとめてみました。
亀は言葉を話しませんが、食欲が無いことは毎日観察していれば誰でもわかることだと思います。

亀が餌を食べていないことに気がつけばすぐに行動するようにしてください。
亀は我慢強い生き物で短期間餌を食べなくても平気ですが、長期間餌を食べない状態が続くと次第に餌を食べる体力すら無くなってしまいます。

亀が餌を食べないと心配になってしまいますが、解決策は必ずありますので諦めず色々試してみてくださいね。